飲みやすいプロポリスは?

風邪の予防や健康維持にプロポリスは有効です。
とはいえプロポリスは独特の風味があるため、途中で飲むのを止めてしまう人もいるようです。
継続してプロポリスを飲めるように、飲みやすいタイプのプロポリスも販売されています。

プロポリスの味

プロポリスはミツバチが採集した樹液と、ミツバチ自身の分泌液を混ぜ合わせて作られるミツバチの巣の修復材料です。
抗菌作用があり、うがい用に使うと喉の痛みや炎症の軽減に効果的です。

プロポリスは液体状のものが吸収も良く有効性が高いのですが、苦み、辛み、ピリピリとする刺激、そして独特の匂いがあります。
原液をそのまま口にすると強い刺激があり、飲み終わってもしばらくの間、独特の匂いと味が口中に残ります。
これは決して美味しいものではありません。

プロポリスは健康食品で、ある程度の期間継続して摂取することが望まれます。
しかし味が受け入れられないという理由で、継続を断念する人もいます。
有効性の高いプロポリスを継続して飲むためには、まず、飲みやすいタイプを選ぶことからスタートしましょう。

飲みやすいプロポリスは?

錠剤

プロポリスの錠剤は薬と同様、水で飲み込むだけの簡単さで、プロポリスの苦みや刺激を感じることなく摂取できます。
継続しやすく、持ち運びも便利、ヤニの後始末をする手間もかからず、おすすめです。
溶けるのに時間がかかり、吸収性は液体タイプに比べると劣るというデメリットがありますが、液体タイプにはない利便性もあります。
長く続けやすいタイプといえばまず錠剤といっても過言ではありません。

カプセル

カプセルはソフトとハードの2種類があります。
顆粒状にしたプロポリスは原液に近い効果がありますが、味や匂いが気になるという人が多く、飲みにくいのが欠点です。
しかし顆粒状のプロポリスをハードカプセル、またはソフトカプセルに入れたものは味や匂いを気にすることなく簡単に飲めます。

ソフトカプセルは油を多く使用するため、肝心のプロポリスの原料が減るという問題もありますが、錠剤よりも溶けやすく、液体より飲みやすいというメリットは見逃せません。

商品によってはカプセルの素材が粗悪で、飲むと胃からプロポリスの独特の匂いがあがってくるというレビューもあります。
カプセルを選ぶ時には信頼のおけるメーカーの良質な商品を選ぶように注意しましょう。

のど飴、キャンディー

プロポリスを初めて飲むという人には、プロポリス入りのど飴などのキャンディータイプがおすすめです。
キャンディータイプはプロポリスの含有量は少な目ですが、食べやすい味に工夫されている商品が多くあります。
低刺激とはいえプロポリスの苦みも味わえるため、 プロポリスの味を体験するのには最適です。

プロポリスのど飴は即効性があり、痛みが早く緩和されるとのレビューが多くあります。

マウスウォッシュスプレー

マウスウォッシュやうがいの目的で、喉や口内のケアにスプレータイプのプロポリスもおすすめできる商品です。
初めてでも扱いやすく、中にはハチミツやミント味のものもあり、抵抗が少なく使用できます。

プロポリス液を飲みやすくする工夫

プロポリスの効果が最も高いのはプロポリス液です。
飲みにくさを少しでも緩和するには温めた牛乳や飲むヨーグルトなどの乳製品に混ぜるとよいでしょう。
はちみつに混ぜて飲む、ジュースに混ぜるという方法もあります。

プロポリスの味は原料の味

プロポリスの原料となる植物はユーカリやポプラ、アレクリンなどが代表的です。
プロポリスの苦み、辛み、匂い、刺激はこれらの樹液の成分の味です。
プロポリスは通常アルコールで抽出されますが、樹木の持つ天然の風味は製品化された後でも健在です。
この独特の風味は、プロポリスは人工的に作り出せない天然の恵みであるということの証明です。

プロポリスは継続摂取が望まれます。
そのことを考慮し、無理なく継続できる製品を選びたいものです。

おすすめコラム一覧Related column