プロポリスの白髪対策

白髪の原因は老化、遺伝、ストレス、ホルモンバランスの崩れ、栄養の偏りなどが考えられます。
白髪の原因のひとつの老化に焦点を絞ると、活性酸素の働きが関与していることがわかります。
活性酸素は老化を促す有害な物質です。
プロポリスは抗酸化作用があり活性酸素を抑制するため、白髪対策の効果が期待できます。

白髪の原因

白髪は髪のメラニン色素が不足した状態です。
元々作られたばかりの髪の毛はメラニンがなく白い状態ですが、メラニン色素により日本人であれば黒に色付けされます。
ところがこのメラニン色素の量が不足すれば黒髪にはならず、白い髪の毛のまま、つまり白髪ができるというわけです。

メラニンが生成されない理由は、メラニンを作り出すメラノサイトという機能がうまく作用しなくなること、メラニンの元になるチロシンという物質が不足することが考えられます。

では何故、メラノサイトが機能しなくなるかについてはまだすべてが解明されていません。
現在、考えられている原因は老化、遺伝、病気、ストレス、ホルモンバランスの崩れ、偏食による栄養不足、不規則な生活習慣などです。

プロポリスの働き

プロポリスはミツバチが採集した樹液と、ミツバチの分泌液とを混ぜ合わせて作られる天然の物質です。
プロポリスは数百種類にも及ぶ成分を含み、強い抗菌作用があり、ミツバチの巣の中に細菌や雑菌が繁殖するのを防止する働きがあります。

抗酸化作用のあるプロポリスの主成分フラボノイド

プロポリスは多くのフラボノイドを主成分として含みます。
フラボノイドは抗酸化作用があり、体内で増えすぎた有害な活性酸素を抑制します。
活性酸素が抑制されると細胞、血管、皮膚などが酸化するのを防ぎ、白髪の原因のひとつである老化を防止します。

フラボノイドの抗酸化作用は全身の血行を促進し、柔軟性のある若々しい血管を維持する働きがあります。
頭皮の血行も改善されるため、毛母細胞に栄養が行き届き、髪の健康を保ち抜け毛を予防します。

活性酸素とストレスの関係

白髪の原因のひとつに考えられるストレスは誰にでも溜まるものです。
ストレスは白髪だけでなく多くの問題をひき起こすため、適度に解消する必要があります。
しかしストレスがうまく解消されず、日常的に溜まり続けると活性酸素が増えます。

活性酸素が増えると自律神経のバランスが崩れ、更に活性酸素が増えるという悪循環が発生します。
自律神経の乱れはホルモンバランスの乱れをひき起こし、白髪を増やしてしまう可能性があります。
プロポリスに含まれるフラボノイドの抗酸化作用は自律神経とホルモンバランスを整え、白髪の予防に有効に働きます。

プロポリスは髪の健康に必要なミネラル、アミノ酸も豊富

プロポリスはフラボノイドだけでなく、髪の健康に有効なミネラルやアミノ酸を豊富に含んでいます。
白髪予防には成長ホルモンの分泌が必要です。
成長ホルモンは成人になっても分泌されますが、加齢に伴い減少し、白髪を増やします。
プロポリスは成長ホルモンの分泌を促す亜鉛を含みます。

白髪対策にプロポリスの使い方

プロポリスは内服、外用の両方に使用できます。
プロポリスは液体状のものが最も効果が高いとされています。
プロポリスは独特の刺激と辛み、苦み、匂いがあるため、慣れるまでは牛乳やジュースなど、お好みの飲み物に混ぜると飲みやすくおすすめです。

外用に使用する場合は直接頭皮に塗ります。
内服、外用共、ある程度の期間、継続使用すると有効性が発揮されます。
白髪対策だけでなく、抜け毛の予防、育毛、美髪効果も期待できます。

プロポリス入りのヘアケア製品

プロポリスを配合したシャンプー、石鹸などのヘアケア製品が市販されています。
原液を使うのに抵抗がある人は、プロポリス配合のヘアケア製品を使ってみるのも一案です。
複数のメーカーから販売され、通販でも購入可能です。
白髪対策にプロポリスを是非一度お試しください。

おすすめコラム一覧Related column