プロポリスチンキ

プロポリスは健康食品として、または生活用品や化粧品に配合され、数多くの商品が販売されています。
プロポリスの国内での消費量は多く、長年に渡り常に高い人気を維持しています。
そのプロポリスを使ったプロポリスチンキという商品が販売されています。
あまり聞き慣れない名前のプロポリスチンキとは一体どういうものなのでしょうか。

チンキって?

チンキはハーブや生薬などをアルコールに漬けて有効成分を抽出したもので、英語のtinctureをそのまま読みティンクチャーとも呼ばれます。
チンキはアルコールに漬けることから保存性が高く、またアルコールにしか溶けない成分も抽出されます。

プロポリスチンキとは

プロポリスチンキとはプロポリスの原塊をエタノール、あるいは水とエタノールを混ぜたものに漬け成分を抽出したものです。

プロポリスチンキは錠剤などと異なり加工はされていません。
そのため、加工が施されているプロポリス製品に比べ一層強い効力があります。

プロポリスの有効成分

プロポリスはフラボノイドをはじめ有機酸類、アミノ酸、ビタミンE、ビタミンD、ビタミンB群、ミネラル、桂皮酸誘導体など微量成分を含めると400種類以上の成分からなります。

プロポリスチンキの期待できる有効性

プロポリスチンキは抗菌、殺菌、抗酸化作用、免疫力強化、抗炎症、抗ウイルス、鎮痛作用などがあります。
継続して摂取すると動脈硬化を予防し高血圧を改善、血行促進、風邪やインフルエンザの予防に効果が期待されます。

外用として軽度の擦り傷、切り傷、やけど、日焼けによる肌の炎症、ニキビと吹き出物などの改善、喉や歯茎の炎症と痛みの緩和に使用することもできます。

プロポリスチンキの使い方

外用に使用する場合は患部に数滴垂らします。
前述したとおり、プロポリスチンキは加工されていないので有効成分が直接患部に届き、強い効力を即効で発揮します。
プロポリスチンキは傷や口内炎の雑菌やウイルスを除去し患部を消毒します。
痛みを緩和し回復を早め、バリア機能を強化します。

プロポリスチンキを摂取する場合は水やハチミツ、ヨーグルトなどに混ぜて毎日、継続して飲むと効果的です。
風味が気にならない方はそのまま飲んでもかまいません。

プロポリスチンキの使用上の注意点

プロポリスチンキはメーカーにより摂取、外用の両方に使用できるものと、外用にのみ使用するように注意書きがあるものがあります。
自分のニーズに合った方を選びましょう。

プロポリスチンキはアルコールを飲めない体質の方は摂取できません。
アレルギー体質の方や、妊娠中、授乳中、子供も摂取を控えます。

外用にのみ使用するよう指示されているチンキでも、子供の使用に年齢制限を記している商品があります。
使用に際し、商品の注意書きに従うことが大切です。
外用に使用するにあたり、必ずパッチテストを行いましょう。

チンキは引火性があるため、火気のないところに注意して保存する必要があります。
腐る心配は無用です。

まとめ

・プロポリスチンキはアルコールでプロポリスの有効成分を抽出したものです。
・プロポリスチンキは抗菌、殺菌、抗酸化 、抗炎症、抗ウイルス、免疫強化、鎮痛作用があります。
・プロポリスチンキは摂取、外用に使用できますが、 外用のみに使用するように指示されている商品もあり購入時に確認が必要です。
・プロポリスチンキは加工されていないため効力が強く、外用に使用すると即効性が期待できます。パッチテストを忘れずに!

おわりに

プロポリス製品は数多くありますが、効力の強さを求めるのであればプロポリスチンキが最適です。
摂取と外用の両方に使える商品はとても便利です。
これからプロポリスの利用を考えている方、是非、プロポリスチンキも購入の候補に入れ検討してみてください。

おすすめコラム一覧Related column