プロポリスの様々な抽出法

プロポリスはミツバチの巣から採集された後、有効成分だけを抽出して製品化されます。
抽出方法として最も一般的に行われているのはアルコールを使用する方法です。
しかしそれ以外の抽出方法もあります。
それぞれの抽出方法の違いと特徴についてご紹介します。

そのままでは食べられないプロポリス

プロポリスはミツバチが集めた樹液と分泌物が混ざり合ったもので、巣の隙間を塞ぐために使用されるほか、巣内を細菌から守る役目を果たします。
ミツバチの巣から採集されるプロポリスは極少量で、そのままでは不純物が混ざり食べられる状態ではないため、まず選別し冷凍乾燥させた後、砕いて有効成分を溶かし抽出します。

プロポリスはミツバチが採集する植物や採集時期によって成分が異なりますが、抽出方法によっても成分に違いが出ます。

プロポリスの抽出方法

アルコール抽出方法

プロポリスの抽出に、古くから最も一般的に行われているやり方がアルコール抽出方法です。
プロポリスの成分はほとんどが脂溶性で、ミツロウやフラボノイドの多くは水に溶けません。
そのためアルコールに漬けて溶かす方法が用いられています。

使用されるアルコールは食用アルコールで、抽出に要する期間は3ヶ月から長ければ10年も漬け込むという場合もあります。
抽出期間が長引くと味がまろやかになるというメリットがあるようですが、しかしあまりにも長く漬け込むと不必要な成分まで抽出され、成分が変質するというデメリットもあります。
アルコール抽出後はろ過し、製品化されます。

アルコール抽出の特徴

アルコールの殺菌作用がプロポリスの有害成分を無害化するので、カビや雑菌が繁殖する心配が無くなります。
アルコールで抽出すると、極少量ですがプロポリスにアルコール分が残ります。
またプロポリスのアミノ酸や酵素はアルコールに溶けにくいため、アルコールだけでは抽出されにくいといわれています。

水抽出方法

アルコールの代わりに水を用いるやり方が水抽出方法です。
水で抽出すると、アルコールのような特有の匂いがないため、食品や日用品などに使用されることが多いのですが、プロポリスの主成分である脂溶性のフラボノイドが抽出されないというデメリットがあります。
その反面、アミノ酸や酵素は水に溶けるために多く抽出されます。
アルコールのような殺菌効果がないこともデメリットにあげられます。

ミセル化抽出方法

ミセル化とは水に油が浮く乳化状態を利用した抽出方法で、アルコール抽出と水抽出の両方の特徴が生かされています。
ミセル化することにより、脂溶性の成分を水に混ぜ抽出することができます。

ミセル化の抽出過程は様々ですが、一般にアルコールで抽出した成分からアルコール分を取り除き、グリセリンなどの添加物を加える方法で行われます。
アルコール特有の匂いがなくなり、グリセリンの甘味が加わるので味が良くなります。

デメリットはアルコール分と一緒にプロポリスの有効成分のいくつかも失われる可能性があること、グリセリンなどの添加物の体に対する悪影響などが考えられます。

超臨界抽出方法

超臨界抽出方法は最も新しい方法で、二酸化炭素を圧縮し超臨界状態にし、通常より多くのプロポリスの成分を抽出します。
この方法ではテルペン類、テルペノイドも抽出することが可能です。

発酵法

現在、研究段階にあり、あまり多くは採用されていないのですが、アガリスクや舞茸菌を使いプロポリスの成分を発酵させる方法です。
今後の製法の安定が期待されている抽出方法です。

より多くの有効成分の抽出を目指す

プロポリスの成分によりアルコールには溶けるが水に溶けない、またその逆もあり、それぞれの抽出方法にメリットとデメリットがあります。
そのためメーカーによっては複数の抽出方法を採用し、より多くの有効成分を取り出し、効果の高いプロポリスの製造を目指しています。
今後は発酵法などの確立に期待が寄せられています。

おすすめコラム一覧Related column