血管年齢を改善してくれるプロポリス

血管年齢は健康のバロメーターです。
健康を維持するためには血管年齢を若く保つ必要があります。
血管年齢は美容にも大きく影響するため、美肌作りには若々しい血管を保つことが不可欠です。
プロポリスで血管年齢を改善しましょう。

血管年齢とは?

血管年齢とは血管の硬さの度合いのことです。
血管は老化や不規則な生活習慣などにより柔軟性、収縮性を失い硬くなり、血液の循環が悪化し、動脈硬化が進行します。

動脈硬化が進んでいる人程、血管年齢が高く、脳梗塞や心筋梗塞をひき起す可能性が高まります。
実際の年齢と血管年齢を同じにするように努力することが健康維持に繋がります。

血管の老化を防ぐ作用があるプロポリス

プロポリスの主成分はフラボノイド

プロポリスはミツバチが集めた樹液と、ミツバチの分泌液とを混ぜ合わせて作られる物質で、ミツバチの巣の材料として使用されます。
プロポリスは数百種類もの成分を含みますが、血管年齢の改善に役立つ代表的な成分はフラボノイドです。

活性酸素による酸化が血管を老化させる

人は呼吸することにより酸素を取り入れ、エネルギーを産出しています。
取り入れた酸素のうちおよそ2パーセントが活性酸素に変換されます。

活性酸素は強い酸化力があり、体内の中性脂肪やコレステロールを酸化させ、過酸化脂質に変化させます。
過酸化脂質は血管や細胞にダメージを与え、動脈硬化の原因になる有害物質です。

過酸化脂質は血管の老化だけでなく、皮膚細胞にダメージを与えるためシワ、シミ、たるみ、色素沈着などの原因でもあると考えられています。

活性酸素を除去するフラボノイド

血管を老化させ、血管年齢を高める原因を作るのは活性酸素です。
プロポリスの成分のフラボノイドには強い抗酸化作用があり、増えすぎた活性酸素を除去する働きがあります。
活性酸素が抑制されると過酸化脂質の発生が低下するため、動脈硬化を予防し、血管年齢の上昇を抑えるのに役立ちます。

血管を強化するビタミンP

プロポリスに含まれるフラボノイドにはビタミンPと呼ばれるヘスペリジン、ルチン、ケルセチン、リグナンなどが含まれています。
ビタミンPは体内で合成が可能なため、正式にはビタミンに似た働きがあるビタミン様物質と呼ばれています。

ビタミンPは血管を強化し、血行を良くする働きがあり、血管年齢の改善に有効です。
さらにビタミンPはビタミンCと共同で血管を強くします。
このことからプロポリスと一緒にビタミンCを 摂取すると血管年齢の改善に一層の効果が期待されます。

効果的にプロポリスを摂取するために

プロポリスは液体タイプが最も効果が高いとされています。
ただし苦みや独特の匂いと刺激があり、そのままでは飲みにくいという難点があります。

飲みやすくするためにはお好みのジュースに入れて飲む方法がおすすめです。
特にビタミンC入りのジュースと一緒に飲むと相乗効果があり、血管の強化と血行が促進され、血管年齢の改善が期待されます。

血管年齢が高くなるのは活性酸素を増やす不規則な生活、高脂肪の食事、ストレス、過剰な飲酒、喫煙などと運動不足が原因と考えられています。
プロポリスの継続摂取と共に、生活習慣の見直しが大切です。

おすすめコラム一覧Related column