プロポリスの保湿クリーム

寝る前のスキンケアの基本は、洗顔の後に乾燥を防ぐための化粧水と乳液をつけ、保湿クリームでお肌をしっかりとガードすることです。
こうしておけば、翌朝までお肌はしっとりとした潤いを保ちます。
プロポリスは内服だけでなく、外用にも使用できます。
プロポリス配合のクリームは保湿力に優れ、乾燥からお肌を守ります。

プロポリスの保湿クリームとは?

保湿クリームの役割

保湿クリームは夜、寝る前の最後のお手入れに使います。
クリームの役割は洗顔後の肌の乾燥を防ぎ、潤いをキープすることです。
一晩中、肌の水分を閉じ込めるパックのような役目を果たすのがクリームだといえばわかりやすいかと思います。
特に乾燥肌の方や、加齢により肌のハリが失われてきたと感じる方に、クリームは必須のアイテムといえるでしょう。

プロポリスの保湿クリームの良さ

プロポリスは経口摂取やうがい、マウスウォッシュに使用されることで知られていますが、外用としても使用できます。

プロポリスはミツバチが採集した樹液と分泌物を混ぜ合わせて作られる天然の物質で、強い抗菌作用と抗酸化作用があります。
このふたつの作用がプロポリスのクリームに生かされます。
プロポリスは数百種類もの成分を含んでいるといわれ、それらの成分の中には肌の保湿を保ち、美肌作りに効果的なものが多くあります。

プロポリスの美肌に働く成分

プロポリスは主成分としてフラボノイドを豊富に含みます。
その他には皮膚粘膜の健康をキープし肌荒れを防ぐビタミンB、保湿効果が高く肌の血行を促進させ、若返りのビタミンとも呼ばれるビタミンE、肌のコラーゲンを作る原料であるアミノ酸、アンチエイジング効果の高いミネラル群など、美肌作りには欠かせない成分を含んでいます。

プロポリスの抗菌作用

プロポリスはミツバチの巣の補修や補強用の材料に使われますが、同時に強い抗菌作用で巣内に細菌や病原菌が蔓延するのを防ぎ、巣内の衛生状態を良好に保つ働きがあります。
プロポリスの抗菌作用は肌を清潔に保ち、肌の細菌やウイルスを除去し、ニキビや肌荒れを防ぎます。

プロポリスの抗酸化作用

プロポリスの主成分のフラボノイドは強い抗酸化作用があります。
抗酸化作用とは肌を含む体のあらゆる部分を酸化させ老化の原因となる活性酸素を抑制する働きです。

活性酸素が抑制されるとアンチエイジング効果が高まり、乾燥を防ぎ肌に潤いが戻り、しわ、たるみを予防し、ターンオーバーが活性化されます。
シミやそばかすの原因のメラニン色素の生成が抑えられ、美白効果も期待できます。

べとつかない使用感

プロポリス配合の保湿クリームは柔らかくて伸びが良く、クリームにありがちなべとつき感がありません。
少量の使用でも保湿効果が高く、乾燥肌の方は勿論、敏感肌の方でも使用できます。
顔だけでなく、ボディクリームとして乾燥が気になる部分に使用できます。

プロポリスの匂いは?

プロポリスは独特の匂いがありますが、保湿クリームはそのような匂いを気にすることなく使用できます。
天然成分なので、商品により多少の色の違いがあります。

プロポリス保湿クリームの価格

プロポリス保湿クリームは複数のメーカーから販売されています。
価格は2000円から3000円位が主流ですが、それよりも高額の商品もあります。
通販サイトで商品の価格の比較と口コミ、レビューも参考にしましょう。

プロポリス保湿クリームは朝夕二回の使用が原則ですが、特に寝る前の使用が効果的です。
乾燥、ニキビ、肌荒れ、肌の老化が気になる方には特におすすめです。

注意点

プロポリス保湿クリームはハチアレルギーのある方は使用を控えます。
ハチアレルギーがなくても初めて使用する時は少量を目立たないところに塗り、問題がないかどうかのパッチテストを行ってから使用することをおすすめします。

おすすめコラム一覧Related column