錠剤タイプのプロポリス

プロポリスは液体、錠剤、カプセル、スプレー、キャンディーなど、さまざまな形で売られています。
用途や好みにより自分に最も適したタイプを選びたいものです。
プロポリスの味や匂いが気になる方は、錠剤タイプですと刺激が少なくおすすめです。

プロポリスの特徴

プロポリスはミツバチが樹皮や芽、蕾から集めた樹液と、ミツバチの唾液などの分泌液を混ぜ合わせて作る天然物質です。
ミツバチの巣材として使用され、同時に巣内の衛生状態を良好に保つという目的も果たします。

数あるプロポリスの種類の中でも、液体タイプの吸収率が優れ、最も効果が高いとされています。
しかし液体タイプのプロポリスは独特の辛み、苦み、匂い、そして口中がピリピリする刺激があります。

これらは採集した樹木の持つ成分の特徴で天然の証なのですが、決して美味しいといえる味ではありません。
この味ゆえに、液体タイプのプロポリスを飲むのをあきらめてしまう人もいます。

飲みやすい錠剤タイプのメリット

プロポリスは医薬品でないので、ある程度継続して摂取することが望ましいです。
そのためには、飲みやすい錠剤タイプから始めてみることをおすすめします。

錠剤は液体タイプに比べ多少効果が劣りますが、飲みやすく継続しやすい利点があります。
持ち運びに便利で保存も簡単です。
一般の薬の錠剤と同じ扱いで、水さえあればどこででも簡単に飲めます。
プロポリスのヤニが歯やコップに付く心配も不要です。
そして何よりもプロポリス独特の匂いや刺激、苦みを感じることなく摂取できることが錠剤の最大のメリットです。

錠剤タイプのデメリット

では錠剤タイプのデメリットはどうでしょうか。

液体タイプですと、内服以外に外用に使用することが可能ですが、錠剤では内服のみの使用に限られます。
抽出されたプロポリスそのものの原液と比べると、錠剤に加工されるため、プロポリスの含有量が減ります。

一般に、サプリメントの錠剤やカプセルには原料の粉を均一に混ぜやすくするもの、粉を固めるもの、錠剤を溶かすのを補助するセルロースやグリセリン、ゼラチンなどが添加されています。

それ以外にも甘味料や着色料、保存料、香料などが使用されている錠剤もあります。
中にはプロポリスそのものの含有量より、このような添加物の量の方が多いという商品もあります。

錠剤選びのポイント

錠剤タイプを選ぶ場合、できるだけ信頼のおけるメーカーの商品の中から選ぶようにします。
極端に安いもの、出所の不確かなもの、原材料が明記されていないものは避けたほうが無難でしょう。

プロポリスの用量と原材料名を必ず確かめ、なるべく天然の素材が使用されているものを選びます。
錠剤を作るのに必要不可欠な添加物もありますが、不要なものが多く添加されていないかどうかを見極めることが大切です。

錠剤タイプの価格

プロポリスはブラジル、中国、ヨーロッパ、オーストラリアなど、多くの国で採集、加工されています。
日本に輸入されるプロポリスはブラジル産が最も多いこともあり、原材料にブラジルのプロポリスが使用されている錠剤が最も多く販売されています。

価格はメーカーと用量、使用されているプロポリスの品質により2000円位から20000円台まで大きな幅があります。
継続可能の価格であるかどうか、そして使用されている原料、プロポリスの品質、プロポリスの含有量、口コミなどを参考にして自分に合う錠剤を選びましょう。

おすすめコラム一覧Related column