プロポリスに含まれるシワに作用する成分とその効能

1、ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの生成に欠かすことのできない栄養素です。
肌のハリや弾力をキープするにはコラーゲンの量が必要ですが、加齢によりコラーゲンの量は減少していき、肌の弾力低下でシワやたるみができやすくなります。

そのためコラーゲンの生成をサポートするビタミンCをプロポリスから摂取することでシワを防ぐことができます。

2、マグネシウム

お肌の水分保持力は角質層の細胞間脂質が80%も占め、天然保湿因子・NMFが18%、残りの2%は皮脂です。

細胞間脂質やNMFは角質層のターンオーバーの過程で生成されるため、加齢によってターンオーバーが正常に行われないとこれらの成分の生成にも支障をきたしてお肌の水分保持力は低下し、乾燥してシワができやすくなってしまいます。

プロポリスにはターンオーバーを促進する効果のあるマグネシウムが含まれていますので積極的に摂取しましょう。

3、カルシウム(保湿促進)

気温や湿度の低下による乾燥による肌表面のカサつきから、ちりめん状や線状のシワができます。
そのまま放っておくとシワの数が増えてつながり、大きなシワになってしまいます。

カルシウムは肌の細胞間にある保湿成分の合成を促進させ、表皮のカサつきを減少させてくれる効果が期待できます。
そのためプロポリスからカルシウムを摂取して、肌を潤す必要があります。

4、コラーゲン(肌細胞の増殖あるいは分化)

肌のハリを支える真皮において紫外線によるダメージで弾力低下が起こります。
そのため、コラーゲンが減少しエラスチンが劣化することにより、大きなシワになります。

コラーゲンは主に細胞を増殖させたり分化させたりする働きがあるので、プロポリスで体内や肌細胞のコラーゲンを増やしていきましょう。

5、ビタミンE

紫外線は、お肌の真皮層にあるコラーゲンを傷つけて破壊し、お肌のハリや弾力の低下を招き、深いシワになります。既に浴びてしまった紫外線には、抗酸化作用のあるビタミンEをプロポリスで補い、影響を最小限に食い止めましょう。